Laulja:

Vio System Divide Vio System Divide
Biography of VIO SYSTEM DIVIDE
愛知県を中心に活動をするアマチュアバンド。主な発表音源として2002年12月にすべてを自主により作成した1stアルバム「A Subliminal Spirit To The Spatiotemporal Extremity」がある。
 前進の「O-NAL」をメンバーu1-skemaz、TAISHO、KASAWOにより1999年2月に結成し、その後2001年4月にバンド名を「VIO SYSTEM DIVIDE」に改名したことにより現在に至る。
 「O-NAL」活動時にはグランジ、グラインド、オルタナティヴロック、ヘヴィーメタルなどから影響うけたサウンド作りをし、月1回程度・半年に一度県外でライブ活動を行っていた。2001年4月に音楽の幅をより拡大させようと言うことにより、GのCHIKARAをむかい入れることになる。CHIKARA の加入の影響はサウンドに顕著に表れ、明らかに聴かせるバンドと変化することになった。しかし2002年10月にバンドに対する意見の違いにより KASAWOが脱退することになり、しばらくの間ベーシスト不在の月日がたっていった。しかしそのようなことが起きても、デモの「 Apoptsis Down」の制作を3人で行い、活動は続けることになる。


Read more about Vio System Divide on Last.fm.
Minu paarilised


 

Kahjuks pole kasutajaid, kellele meeldiks "Vio System Divide"

Uuri järgi, milline muusika nendele naistele meeldib!

Selle küsimusele pole ükski pildiga kasutaja veel vastanud